山岸 竜之介の成長日記


by ryunosuke2007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Char Live!!

先日、6月16日 なんばHatchにて、
Charさんのライブがありまして、
もちろん、観に行ってきました♪

前売りで購入したチケットの番号は、
ギリギリで買ったために、537番と538番でした。

ライブ会場は、人、人の人だかりでした。
「俺らの番号、なかなか呼ばれへんな~。」
そんなことを、言ってると、目の前を黒人の大男が
通り過ぎていきました。
「な~、パパ、あのおっさん、Charと一緒にベースを
弾いてたおっさんとちゃうか~。」
よ~く見ると、竜之介の言うとおり”ポール・ジャクソン”
のベースマンでした。

会場の中は、もう、超満員!
でも竜之介は、落ち着いていて、
「パパ、いつもの場所しか、見られへんやろ!
しゃあないわ!俺まだ背がひくいからな~。」
いつもの所とは、1階の両サイドに、手すりがついた廊下が
ありまして、その手すりの上によじ登ってステージを
見る場所です(笑)
はっきり言って、ずるいです(笑) めちゃくちゃ、見えます(笑)

そんなこんなで、ライブが始まりました!
今回は、三人編成で、すごくて、激しくて、
言葉では、言い表せないほど、面白いライブでした。

竜之介は、
「あ~!あのギター使ってる!」
「そんな、曲の始まり方するんか~。」
「ベースも、サンダーバードに変えよった。」
「あっ!Char!アコギの弦、切れよった!」
「なんや!あのギターは?見たことないぞ!」
「石やんの曲もやりよった!ええぞ!ええぞ!」etc、、、。

楽しい時間も終わりとなり、でも、お客さんは帰りません。
もちろん、アンコールです。

6月16日はCharさんの誕生日なのです。
会場の皆が、『誕生日おめでとう!!』の大声援です。

その時、ステージ横からシャンパンとケーキが出てきて、
先ほどの、黒人の大男”ポール・ジャクソン”も出てきて、
セッションのハッピーバースデーソングです。
これが、おもろいのなんのって、ほんま最高です。

アンコール終了の時、凄いことがありました。
それは、ポール・ジャクソンが、Charさんの顔をめがけて、
ケーキを完璧なまでにぶつけました(笑)
まるで、『8時だよ!全員集合!』を見てるかのように、
Charさんの顔がケーキだらけになりました(大爆笑)

それから、もう一度、文句を言いながら、笑いながら、
アンコールに答えていました。

全ての演奏終了後に、知り合いのおかげで、
楽屋におじゃまさせてもらいました。おおきにです。

帰り道、竜之介は僕に言いました。
「な~。パパ。Charみたいに、52歳になったとき、
カッコイイおっさんになっといてや!たのむで!」

それは、非常に難しい問題であります(笑)
できるだけ、努力はしていきたいと思います(笑)
[PR]
by ryunosuke2007 | 2007-06-18 21:42